法話について

法話を偉そうに語ろうとしてはいけない。
法話は自分自身も仏様のお話を聞く、聴聞の場である。
自分は仏様のおとりつぎをさせていただいているのである。