浄土真宗の食事のことば(食前と食後のことば)フリーダウンロード

浄土真宗の食事のことば
食前のことば
(合掌)
●多くのいのちと、 みなさまのおかげにより、
このごちそうをめぐまれました。
(同音)深くご恩を喜び、 ありがたくいただきます。
食後のことば
(合掌)
●尊いおめぐみをおいしくいただき、
ますます御恩報謝につとめます。
(同音)おかげで、 ごちそうさまでした。


2009年11月に新しい「食事のことば」が制定されました。

この新しい「食事のことば」には、とても大きな変化があるのです。

それまでは、最初の「多くのいのち」という表現のところが「みほとけ」でした。

しかし、これではキリスト教など他教による、

肉も魚も食物も神が造ったもの

という解釈と同じようになり、
これでは仏教の考え方と異なるのでは無いか
という考えから、

新しい「食事のことば」には
「多くのいのち」という言葉に変わりました。

「ごちそう」をいただいているという意識を持つことの大切さ。

ごちそうは漢字で書くと

「ご馳走」
になります。

馳走という漢字を更に細分化すると
「馬に也りて走る」となります。

私たちは毎日誰かの大変な思いと、多くの命を犠牲にして
用意していただいたものをいただいています。

ふと忘れがちな日々日常ではありますが、

「いただきます」と「ご馳走さま」

心を込めて感謝を申し上げたいものですね。

合掌


浄土真宗の食事のことば(食前と食後のことば)フリーダウンロードは
こちらからどうぞ
※右クリックで、「対象を保存」などをクリックしていただくと、パソコンに簡単に保存できます^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です