学習のしおり要点まとめ

いのちのよりどころを学ぶ

いのちのよりどころとなる教えを学ぶことを願われ、今その出発点に立たれた事を、改めてお喜び申し上げます。

  • 宗教のありようは、あまりにも危ういことに気づかされる
  • 宗教について正しく学ぶ機会は、一般にはほとんどない。
  • 信教の自由だけが与えられても、どういう事になるのか。
  • 学ぶという事は決して楽な事ではない。
  • 努力・精進が大切であり、積み重ねる事、それを継続する事。

1.学習の進め方

専修課程は、宗教・仏教・真宗・おつとめ・伝導・寺と教団の6科目。各科目とも全体が概ね10項目に分けられているので、毎月1講ずつ学びを進めて行くと、10ヶ月で学習をこなせる内容となっている。
科目の順序はどれからでもよいが、10ヶ月分をまとめて学習するということは困難なこと。

2月には、スクーリング実施要項とともにおつとめと伝導の実演試験課題が発表される。

3月と4月(学びの友7・8号)の2回に分けて、学年末試験のレポート課題が発表される。早目に学習を進めるように。

2.添削指導の受け方

添削指導とは、テキストなどを通して得られた日頃の成果を確かめるためのもの。学習のねらいなどを参考にしてテーマを設定し、400字詰原稿用紙3枚以内にまとめ、添削券を貼って送る。添削券は学びの友1号・4号・7号につづり、各科目分を1年間に3回とどけてもらえる。

必ず提出しなければならないものではない。あまり大きすぎないテーマでまとめる方が、講師の先生が理解度を判断し、添削していただくのには都合がよい。

原稿用紙の右上に学籍番号や名前など必要事項を記入した添削券を貼って、提出する封筒の表面には必ず「添削レポート係」と記入。学年末試験レポートの提出時期になったら添削等の返送をまたず期限内に必ず提出。

添削レポートの書き方

まとめようと思うテーマを設定する。「人間生活と宗教」や「私の宗教観」など考える。各項末の「学習のねらい」を参考とする

  1. テーマで書こうと思うことの内容を決める。箇条書きにして、ノートに記入すると良い
  2. 書く順序を決める 。起承転結をはっきりすること。構成を考える事
  3. それぞれの部分の書く量も見当をつける
  4. 一番書きたい事をまず書いてみる
  5. ひととおり書いてみる。最初に決めた順序通りに整理して、読み直す。論旨が明らかかどうかをよく検討する。
  6. くりかえし読んで、良いと思ったら清書
  7. 読みやすいように配慮
  8. 誤字脱字が無いか確認、不確かなら辞書で調べる
  9. レポート完成
  10. 添削レポートに関しては、ワープロソフトなどを用いてもかまわない。
  11. 添削券を原稿に貼付け、封筒の表面に添削レポート係と記入して送る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です